【店のメニュー】マンボウ蕎麦(横濱丿貫(よこはまへちかん))

【執筆者 澤井悦郎

 

マンボウ料理には無限の可能性がある!

 

マンボウ料理には未開拓なものが多いが、先日Twitterで検索していると「マンボウ蕎麦」なる料理を超期間限定で出している店を発見!

 

筆者は食べに行くことができなかったが(論文書いていたので)、食べに行った方からレポートをもらったので、マンボウ蕎麦がいかなる料理だったのかをここで紹介したい。

 

 

マンボウ蕎麦を提供しているお店は、横浜駅東口より徒歩2分のところにあるアソビルという建物の1階にある「横濱丿貫(よこはまへちかん)」という煮干蕎麦屋である(食べログなどのカテゴリーではラーメン屋に分類されている)。

 

昼の部(11時~17時)と夜の部(18時~22時)があり、日替わり限定メニューが多い。で、マンボウが入荷された時だけ、マンボウ蕎麦が提供されるというわけだ。

 

私がこのメニューを知ったのは2020年11月22日朝のこと。

 

しかし、この店では2020年7月25日にもマンボウ蕎麦が提供されていた。

 

他にもマンボウ蕎麦と言ってはいないものの、マンボウの肝臓を出汁に使った料理が出される日があった。

 

マンボウ蕎麦を食べるには、横濱丿貫のTwitterを休日の朝にチェックするのが良さそうだ。

 

日替わりメニューとのことで、日によって同じマンボウ蕎麦でも使われている素材が違うようだ。ここで紹介するのは、2020年11月22日のマンボウ蕎麦についてである。

 

横濱丿貫のTwitterによれば、この日のマンボウ蕎麦は、マンボウをスープに使い、マンボウの肝臓を上からかけ、溶かしながら食べる蕎麦とのこと。とても興味をそそられる。なお、蕎麦にマンボウが練り込まれているのではなく、スープの出汁にマンボウが使われているのだ。

 

私は食べに行くことができなかったが、Twitterユーザーさん(@co2071696)が食べに行った感想をくださったので、感想をまとめる。

 

こちらが横濱丿貫で2020年11月22日限定で提供されたマンボウ蕎麦。左がマンボウ蕎麦で、右がマンボウの腸の味噌焼き(別メニュー)。

 

パッと見、蕎麦というよりもラーメンに見える。食べた方に聞いてみたところ、中華そばを使っているから蕎麦と言っているだけで、実際は味もラーメンのようだ。磯の香りがするもののクセはないこってり系のスープで、ペースト状になった肝臓がひき肉のような細かさで入っていた。

 

既にマンボウの肝臓が結構スープに溶けていたようですが、肝臓が入っていたところのスープ(出汁自体は茶色だが、肝臓が溶けた部分は乳白色になっている)の方が磯の香りが強かったとのことです。

 

他の方の生の感想も交えてTogetterにもまとめているので興味があればこちらもご覧下さい。

 

私も次はマンボウ蕎麦を食べに行きたい…… 食べたらこの記事に追記いたします!

 

更新履歴

・更新履歴の表示方法をアコーディオンボックスの仕様を変更(2021627日)

・横濱丿貫(よこはまへちかん)にふりがなを追加(2020年12月3日)

 

作成日:2020年12月2日 更新日:2021年6月27日

>ファンサイトを開設しました!

ファンサイトを開設しました!

イグノーベル賞を目指しています! マンボウの博物館をつくり、マンボウ研究に専念して生活していきたいので、おもしろいと思ったらぜひ応援・支援よろしくお願いいたします!

CTR IMG
error: Content is protected !!